2013年8月3日土曜日

同人誌『カラフルパッチワーク』について(頒布・紹介など)

ようやく情報公開できます。
お久しぶりです、朝永ミルチです。こないだ23になりました。あまいものください。……それはさておきですね。。


同人誌の内容や、全体の統一的なテーマである「こじらせた青春」話を、歌人でお友達の馬場めぐみさんとお話した告知・宣伝Ustreamの録音がありますー!
ぐだぐだかつ前半の音声がロボロボしてるのであしからず。

私、朝永ミルチは同人誌を作ることになりました。みなさんの協力と好意の上に成り立っている創作系の同人誌です。
ほんとはコミケに委託したかったのですが、間に合いませんでした…orz



表紙絵「陽溜まりのようだ」byけーしん


通販・頒布情報


自家通販に関してはこちらを参照ください。→詳細はこちら

頒布予定イベントは、(今後のものはここに書きます)

サークル名は「カラフルパッチワーク」(同人誌と同じ)

委託イベントは、(今後のものはここに書きます)
(詳細なども随時更新)



同人誌について(ふわっとした説明?)


タイトルは『カラフルパッチワーク』。
いつの間にか、自分を取り囲んでいる「どうにもならないもの」「どうしようもないこと」。
人間関係における、自分を縛るもの。
本書に収録された、文章そしてイラストは、こういったことをモチーフが共通していると思います。

参加者の馬場めぐみさんが書いた小説の言葉を借りれば、こういうことです。
言ってしまったことは取り返しがつかないし、してしまったことも取り返しがつかない。あたしは13歳にして既に取り返しのつかないことに取り囲まれて生きている。(「さよなら夕焼け」 より)


13歳だろうと、23歳だろうと、きっと63歳だろうと、私は何かに縛られている。

もちろん、それはネガティブな意味合いだけではなくて。私を規定する何かだろうし。「私の可能性」という言葉に対応させるなら、「私の不可能性」とでも言うべき何か。
私が逃れられない、私でしかないもの。
そして、私を私にするもの……とまでいうと大げさか。

そういえば、森見登美彦が《だらだら》と扱っているのも、そういう話、「私の不可能性」なのかもしれませんね。
『四畳半神話大系』『有頂天家族』『夜は短し歩けよ乙女』にしろ)


私の手のひらの中には、それなりに沢山の色があって、幸せもあって、居心地もよくて。
でも、手の届くより遠くには、あまりにも不器用で。
不恰好に接木するように。ずっと水平にならない椅子みたいに。
そういう、カラフルな、寄せ集めた「私の不可能性」たち。

よくわかんないですよねw まぁ、いいや。
誰かに話したことはあるのですが、隠された個人的なテーマは谷川史子さんでした(谷川史子さん好きには読んでほしい)。けど、谷川史子さんだけでは満足できない。モチーフは重なるとこもあるけど、結構違うはずです。(『他人暮らし』、『P.S.アイラブユー』、『おひとりさま物語』とか)

個々の文章は下で紹介します。


『カラフルパッチワーク』の紹介(目次・値段)


与太話が過ぎましたね。

表紙はけーしん @keisin さん。ずっと好きで応援していたので(和紙道展でも、絵買ったくらい)、依頼できたことがまず嬉しいのですが、想像以上に魅力的なイラストがあがってきました。
ひいき目もあるでしょうが、けーしん絵で、最上位にいい絵じゃないですかね!!(自画自賛?他画自賛?)
裏表紙もけーしんさんに描いてもらいましたが、これは買ってのお楽しみ、です。


目次は以下の通り。目次上の表記では、敬称略。

No.1 エッセイ「水流に見る夢」 文:坂上秋成、絵:さんざし 
No.2 エッセイ「欲望の行方」 文:馬場めぐみ、絵:大沼もん 
No.3 小説「さよなら夕焼け」 文:馬場めぐみ、絵:おきつぐ 
No.4 小説「魔法使いはいらない子」 文:朝永ミルチ、絵:くぼみ

なんと、全部で74ページです。サイズはA5
わーお。自分の原稿が長すぎて絶望的ですね(自分の財布が)。


価格は、イベント頒布1,000円
通販は送料込みで1,500円。直接自分に会える人にも1,000円で手売りします。

大丈夫です、これでも十分赤字なのでwwww
……ソンエキブンキテンナド,ソンザイシナイ!! …(`;ω;´)笑
あまり部数は刷ってませんのでお早めに。

コンテンツ紹介(個々の紹介)


簡単に参加者と内容の紹介をします(大体出る順)
・「水流に見る夢」
文芸批評家で小説家(13年4月に『惜日のアリス』を上梓されました)の坂上秋成 @ssakagami さんのエッセイ。(ちなみに、小説の感想もブログに書いています。)
タイトルがなかなか巧妙で、文章もなかなかニヤリとできる内容なので、挿絵は結構時間をかけて相談をして、さんざし @xxsanzashixx さんに描いてもらいました。
「坂上さんのエッセイ読みたいなぁ。それも、普段聞かない話題で」

……この目論見は間違いなく達成されました。


・「欲望の行方」「さよなら夕焼け」
馬場めぐみ @onemomonga さんは、短歌研究新人賞を受賞された歌人です。
個人的に彼女の言葉に興味があって(馬場さんの興味に興味があるというより)、それにとても《変わった》方なので、ずっと注目していました。短歌以外にはなにをしたら、もっと面白い・より新しい馬場めぐみが見れるだろうか、と考えて、小説を書いてもらいました。

依頼をする前から、馬場さんの小説に付くイラストはおきつぐ @okitugu_ さんがいいなと確信していたので、そのように。「百合小説を書きます!(ふんすふんす)」と意気込んでいた馬場さんですが、ベタベタ百合っぽい小説というより、しみじみ百合です。超真っ当な青春小説だと思います。何度も読み返して、小説の「言葉」を確かめてほしい小説です。正直、3回目くらいでちょっと泣きました。ちょっとだけ。


エッセイは、ツイッターでよく出てくる話題の一つであるバンプ・オブ・チキン関係。バンプでロキノン?に文章を書いたこともあるだけあって、愛が重いですw 馬場さんのファンでもある大沼もん @onm_ctrn さんが挿絵。インタビューと一緒に読めば、より楽しめると思います(インタビュー「思い詰めの詩学」)。


・「魔法使いはいらない子」

最後の自分の小説は、魔法がオワコンになって、科学に代替されてるという設定の現代のお話です。
とはいえ、相変わらず一部の大学では、「魔法学」が学究されていて、お金にならないし担い手もいない、使い勝手も悪い魔法を学びたがる男の子が主人公です。
魔法の潜在能力も大して持っていないまま、飛び込んだ世界では……。

人生がいつ「本番」を迎えるのか、と。悶々としている感じの思春期さんです。
挿絵は、昔からの馴染みである、イラストレーターのくぼみさんに描いてもらいました。正直神がかってるイラスト。

依頼をメインにして、申し訳程度の文を書く
つもりが、長くなってしまって我ながらしょんぼりしているのですが、結構自分のものも面白いのではないのかな、と思ってます。多分、面白い。うん、面白い。(言い聞かせ)


全体的に、統一感のある本になったんじゃないかな、と思います。
編集も頑張ったので手にとっていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします◎
質問などは、ツイッター(@mircea_morning)か、メールyamanekojumpあっとyahoo.co.jpまで。メールは気づくの遅れると思うのでツイッター推奨です。
追記。『都市のイメージ、イメージの都市』という同人誌も作ってます。こっちは電子版売ってます。300円です。

0 件のコメント:

コメントを投稿